2018.04.11

スタイリストブログ

Blooming in the Spring ⅱ

 

こんにちは。銀座店のアンジェラです。

ここ最近風が強くて目を開けるのが大変な日が続いていますね。

眼鏡をかけているわたしですが、思いの外、風除けの効果は希薄です。

風は強くても陽気はちょっとずつ暖かくなってきましたね。

今は八重桜のシーズンになり、もさふわしたおっきな花の群衆を頑張って支えている桜をちらほら見かけます。

そういえば、アメリカにいた頃、この時期に桜が有名なワシントンD.C.へお花見に繰り出した事があります。

その時はまだ寒く、まさにちょっと悲しい景色になっていました。

有名なモニュメントがあるD.C.のナショナル・モール。

ここの木々が桜の木なのですが、あはーん、息吹すら感じられず。残念でした。

アメリカでの桜の思い出は惜しくも作れませんでいたが、毎年日本で綺麗な桜を眺められるので、この時期は楽しいですよね。

そろそろ桜も葉っぱに代わり、緑が目につく季節に入ろうとしています。

そんな時期を爽やかに感じていただけるコーディネートを前回に引き続きご紹介。

今回のハルイローズはこの2本。

まずこちらは、前回ご紹介した非加熱のパパラチアサファイアと抜けるようなお色のパライバトルマリン。

どちらも最近人気が出てきたお石ですが、パライバトルマリンはテレビなどで紹介されてから人気が急上昇しているようです。

パライバトルマリンはネオンカラーがぱきっととても美しいお石です。

はっきりしたお色味ですが、明るい透明感のあるお色なので、とても上品です。

個人的にはこのグリーンがかったネオンブルーがとても好きです。

これからの新緑の季節の木々と青空を表しているような色で、外出するのが楽しくなりそうです。

そしてもう1本はこちら。

こちらはピンクスピネルで、アームのダイアの色が交互に違います。

シックなピンクスピネルはペアシェイプという雫型なのがまた素敵です。

アームのホワイトダイアとブラックダイアのコンビネーションは強弱がつき、1本でもきゅっとしまりがあってかっこいいですね。

散りゆく桜の花びらのような形のピンクスピネルを、刹那を大切にする思いと共につけたら、ゆったりと1日1日大切に過ごせそうですね。

色石は同じ名前が付いていても雄大な自然から生を受けた鉱物なので、本当に1点1点、色味、内包物、そして印象が違っています。

まさに色石は出会いを象徴していると思います。

2つとして同じものがなく、どうしても目が離せない石が出てくる。

人だけでなく、物との出会いも大切にすると、意外な出会いを石が引き寄せてくれる事もあります。

わたしはどちらかと言うと、石の色からいろいろな思い出を思い返して、そこから出会いにつながる事が多いです。

ところで、アメリカでの桜の思い出がないと書いちゃいましたが、そこから遡って写真を見ていたら、留学していたカレッジにも桜の木が植わっていたのを思い出しました。

桜が咲いている時期と同時にちょっとしたお祭りが校内で開かれていて、何人か友人の写真も出てきました。

そんな写真を見ていたら、久々にあちらの友人に連絡をしてみようかと思いました。

Photo 02

薬指上からProfumo Mioシリーズ

・パパラチアサファイア(非加熱)0.265ct ¥250,000

・パライバトルマリン 0.155ct ¥400,000

人差し指上から

・Quattro リング ¥250,000

・il Sogno YG ¥260,000

 

Photo 04

Profumo Mio ピンクスピネル 0.52ct ¥160,000

 

全て税抜き